ハンドルバーエンド交換

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
今週末で、納車から早くも1カ月経ちます。

この間、納車後の1週間は、ガラスコーティングでバイクをショップに預かっていた

だいていたことや、天候不順により、現在、走行200kmで、まだ、2度目の給油を

していません。

今週末、走れればよいのですが、仕事になるかも・・・。

とりあえず、高速と山道のコーナーを若干走った感想ですが、「誰にでも簡単に曲

がれる安定したバイク」という感じですね。

一段と、腕が上がったのかと思えるほど、簡単にコーナーを駆け抜けていく感じです。

よく、車のコーナリング性能の良さを「オンザレール感覚」などという表現を使いますが、

まさにそんな感じ・・・。

また、速度感覚がネィキッドとは違って、受ける風圧の違いからか、知らず知らず

速度超過になってしまいます。

しかして、これまでのバイク(DAEG)には、ハンドルにポッシュのクイックリリースハンドル

ブレースと、インナーウェイトを入れていたせいでしょうか。

若干ハンドルの微振動を感じました。

この対策のため、インナーウェイトの挿入を考えましたが、ハンドルの構造上、挿入

できそうになかったため、若干重いFZ-1用のバーエンドに変えてみました。

なお、バーエンドの形状が若干違うため、私は、ゴムのパッキンを2枚重ねでハンドル内

に挿入することで、バーエンドをしっかり固定・装着することが出来ました。

速度域によって微振動は変わるようですが、日常の走行では、こちらの方が、

振動が減ったように感じます。


DSCF0452.jpg


にほんブログ村に参加しています。ポチッ!とクリックしていただけるとありがたいです_(..)_

    ↓

スポンサーサイト
Category: カスタマイズ
Published on: Tue,  24 2015 21:03
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。